日々ぼちぼちと 第14号

第14号

詳しくはこちらを参照下さい。

今月のピックアップ「家庭介護のアドバイス」

■記憶障害への対応
・刺激のある一日の生活を工夫する。
・記憶しておく事への工夫をする。
 たとえば大きなカレンダーを目に触れるところに貼り、日にち曜日など確認しやすくします。
 また、予定などを書き込むようにし、一緒に折に触れ確認するとよいでしょう。
 季節感のある話題の会話をする、記憶ノートを活用するなども対策として有効です。

■固執への対応
・忍耐を持って接しましょう。

■見当識障害による不安への対応
・受容していることを表現するために相づちを打ったり、頷いたり、言葉を繰り返しながら本人の話を聞きましょう。
 感情を正確に把握して、たとえば「今○○だから怒っているのね」「心配なのね」といった具合に言葉で返します。
・怒ったり叱責したりしない
・穏やかだが、刺激のある生活を支援する。
 楽しく、人と接するような環境、役割をもてる環境を作る。
・心地よい生活空間を工夫する。

スタッフブログ よくあるご質問 モデルケアプラン ご家族の声 利用者様の家族の手記 介護・認知症お悩み相談窓口 月刊ニュースレター「日々ぼちぼちと」 出前講座 求人情報 facebook ぼちぼちパンフレットダウンロード 介護でお困りのあなたへ
外部リンク
協力事業者