日々ぼちぼちと 第24号

月刊ニュースレター「日々ぼちぼちと 第24号」

詳しくはこちらを参照下さい。

認知症 ワンポイントアドバイス

「よく通るところ」
入り口から椅子へ、椅子から台所へなど、よく通るところはできるだけ広いスペースをとります。足元ばかり見てしまう人は、棚やテーブルなどの上に置いてあるものに気づきにくいものです。腕や肩をぶつけてあざになってしまったり、置いてあるものを落としてしまうことがあります。椅子の背やテーブルにつかまりながら歩く人は、足元のものに気づきにくいものです。電気コードや椅子の脚などが出ていると、つまづいてしまうことがあります。
「背の低い家具」
背の高い家具が多い中に、背の低い家具があると気づきにくくなります。特に、よく通るところにちゃぶ台やローテーブルがあると足をぶつけたり、つまづく原因になります。
出典元・・・イーローゴ・ネット
次号に続く。
スタッフブログ よくあるご質問 モデルケアプラン ご家族の声 利用者様の家族の手記 介護・認知症お悩み相談窓口 月刊ニュースレター「日々ぼちぼちと」 出前講座 求人情報 facebook ぼちぼちパンフレットダウンロード 介護でお困りのあなたへ
外部リンク
協力事業者